FXとはどういうものか

バナー

FXとはどういうものか

FXとはForeigneXchange、つまり外国為替の略ですが、この用語そのものが略語であり、元の用語は正確には外国為替証拠金取引と呼ばれます。

つまり、FXとは単に外国為替という意味ではなく、外国為替証拠金取引という意味で、要は二つの意味が含まれています。

外国為替取引と、証拠金取引です。



外国為替取引というのはイメージしやすいでしょう。

日本円とアメリカドル、あるいはユーロなど、異なる通貨間での取引を行うのが外国為替取引です。


通貨の価値は日夜変動していますから、その変動によって利益を得ることを目指すわけです。
1ドルが100円のときに、10000円払えば100ドルを手にすることができます。後日、1ドルが120円になったときにこの100ドルを円に換えれば12000円を手にすることになり、差し引き2000円の利益が得られるというのが一例です。

もう一つ、証拠金取引とは何でしょうか。

47NEWSの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

これは、ある程度の金額を証拠金として担保にすることによって、その額の何倍もの金額の取引を行うことを言います。

具体例を挙げてみましょう。証拠金として10万円を預け、倍率10倍にして取引を開始したとします。すると、100万円分の取引ができます。

1ドル100円だったとすると、1万ドルを買うことができます。


上と同様に後日1ドル120円になったとして、1万ドルを円に換えると120万円となります。

これは実際には100万円を投資したわけではありません。



実際に投資したのはあくまで10万円であり、それを元手に20万円の利益を手にしたことになります。

このような取引ができるのがFXの特徴です。